report japanese english

第24回 微量栄養素研究会シンポジウム

開催日時:平成19年6月7日(木)
開催場所:京都リサーチパーク

開会の辞会頭:吉野昌孝(愛知医科大学/金城学院大学)
口頭発表(9:35〜10:15)O1〜O2座長:奥田豊子(大阪教育大学)
口頭発表(10:15〜10:55)O3〜O4座長:荒川泰昭(静岡県立大学)
口頭発表(10:55〜11:35)O5〜O6座長:渡邊敏明(兵庫県立大学)

特別講演(13:00〜14:40)

座長:吉野昌孝(愛知医科大学/金城学院大学)
 T (13:00〜13:50) 平野俊夫:亜鉛シグナルは存在するか?:亜鉛は新しいセカンドメッセンジャーである。
(大阪大学生命機能研究科・医学系研究科免疫発生学教室,理化学研究所免疫アレルギー科学総合研究センターサイトカイン制御グループ)

 U (13:50〜14:40) 永井克也:匂い,食品と音楽の自律神経と生理機能に与える影響
(大阪大学名誉教授,〔(株)ANBAS〕)

ポスター要旨発表(14:40〜15:10)
ポスターセッション(15:10〜16:00)

口頭発表(16:00〜17:00)O7〜O9座長:榎本秀一(理化学研究所)
口頭発表(17:00〜17:40)O10〜O11座長:吉田宗弘(関西大学)
口頭発表(17:40〜18:20)O12〜O13座長:姫野誠一郎(徳島文理大学)
閉会の辞

時間 内容
9:30〜9:35
 開会の辞
 会頭:吉野昌孝(愛知医科大学/金城学院大学)



9:35〜10:15
 口頭発表 座長:奥田豊子(大阪教育大学) 

9:35〜9:55 O-1 
矯正施設における栄養素別・食品群別からみた食糧給与の現状 
summary
池川雅哉*1), 加藤正博2), 山下智栄*3), 坂野真弓3), 武田隆久3), 木村美恵子3)
1)京都府立医科大学ゲノム医科学
2)法務省
3)タケダライフサイエンスリサーチセンター(疾病予防センター)
9:55〜10:15 O-2 
ムカゴに含まれる澱粉分解酵素およびΑ-D-galactose結合レクチンの特異性 
summary
三崎 旭*1),中田 忍2),角田万里子3)
1)四條畷学園大,
2)大阪教育大学,
3)甲南女子大学・人間科学


10:15〜10:55
 口頭発表 座長:荒川泰昭  (静岡県立大学)

10:15〜10:35 O-3
妊娠マウスにおける尿中ビオチンおよび3-hydrooxyisovaleric acid濃度の変化 summary

永井良子*,谷口歩美,渡邊敏明
兵庫県立大学大学院環境人間学研究科
10:35〜10:55 O-4
大腸菌の亜セレン酸同化は,チオレドキシン還元系に依存する summary

高畑宗明*1),田村隆1),阿部勝正2),三原久明2),江崎信芳2),TC. Stadtman3),稲垣賢二1)
1)岡山大学自然科学研究科,
2)京都大学化学研究所)
3)NHLBI, NIH, USA


10:55〜11:35
 口頭発表 座長:渡邊敏明  (兵庫県立大学)

10:55〜11:35 O-5
ピリジンカルボン酸/遷移金属複合による活性酸素種の生成
summary

村上恵子*1),羽根田みや子1),細川好孝1),吉野昌孝2)
1)愛知医大・医・生化,
2)現・金城学院大・食環境栄養
11:15〜11:35 O-6
牡蠣抽出物の胃液分泌能
summary

五十嵐香織*1),金山洋介2),本村信治2),松田芳和3),榎本秀一2)
1)昭和女子大院・生活機構,
2)理研,
3)日本クリニック(株)中央研究所


11:35〜12:50 昼食・評議員会
12:50〜13:00  総会


13:00〜14:40  特別講演  座長:吉野昌孝(愛知医科大学/金城学院大学)

13:00〜13:50

  T: 亜鉛シグナルは存在するか?:亜鉛は新しいセカンドメッセンジャーである。

  平野俊夫

大阪大学生命機能研究科・医学系研究科免疫発生学教室,理化学研究所免疫アレルギー科学総合研究センターサイトカイン制御グループ


13:50〜14:40

  U: 匂い,食品と音楽の自律神経と生理機能に与える影響

  永井克也

  (大阪大学名誉教授,〔(株)ANBAS〕)

 




14:40〜15:10
 ポスター要旨発表




15:10〜16:00  ポスターセッション
P-1
ヒジキ水戻し過程におけるミネラルの損失について
片山(須川)洋子*,片山眞之
大阪青山大学

P-2
イネのセリンデヒドラターゼ/ラセマーゼ:微量元素Mgによる酵素反応の制御機構の発見
郷上佳孝*1,2), 伊藤克佳1),老川典夫1,2)
1) 関西大学・工・生物工,
2) 関西大学ハイテクリサーチセンター

P-3
屋久島産茶葉中の微量元素の変動
野地美樹*1),疋野真美1),内田 治2),吉田宗弘3),安藤達彦1)
1)東京農業大学,
2)東京情報大学,
3)関西大学

P-4
飼料中モリブデン濃度がラット臓器および血清モリブデン濃度に及ぼす影響
吉原花織*,福永健治,吉田宗弘
関西大学工学部食品工学研究室

P-5
シスプラチン耐性細胞におけるメタロチオネイン遺伝子の発現と細胞内在性金属の関与
田和理市*,立花陽子,堀部紗世
広島国際大薬学部・薬物生体分析学

P-6
ZnTファミリーの発現に及ぼすカドミウムの影響
姫野誠一郎*,田上智穂,藤代 瞳
徳島文理大学薬学部

P-7
有機スズ暴露による嗅覚系カルシウムの過剰蓄積とアポトーシス誘導メカ二ズムの解析
佐山友里江*1),富山健一1),山口明子1),牛田素子1),栗山孝雄1),中島晴信2),松田芳和3),荒川泰昭1)
1)静岡県立大学・生体衛生学,
2)大阪府立公衆衛生研究所,
3)日本クリニック(株)中央研究所

P-8
亜鉛欠乏ラットに対する0.2MPa酸素曝露の影響
永木由佳*1),佐藤真喜子2),野寺誠1,2),宮崎孝2),荒木隆一郎2),冨永信子3),鈴木政美3),佐藤純子2),柳澤裕之2,4)
1)
1)埼玉医大・保健医療学部健康医療科学科,
2)医学部衛生学,
3)医学部中央研究施設実験動物,
4)東京慈恵会医科大学環境保健医学

P-9
2世代にわたる亜鉛投与量の違いがマウスの組織亜鉛濃度に及ぼす影響
安部麻美子*1),松田芳和1),小邨奈未1),福永健治2),栗山孝雄3),荒川泰昭3),吉田宗弘2)
1)日本クリニック(株)中央研究所,
2)関西大学工学部食品工学研究所,
3)静岡県立大学 生体衛生学

P-10
新素材ミネラルの特性を活用した高齢者向けソフト食の開発
渡辺慶子*1),河合洋見1),川村美笑子2)
1)高知医療センター栄養局,
2)高知女子大院・人間生活学研究科/健康生活科学研究科

P-11
ビオチン欠乏妊娠マウスにおけるビオチンの体内動態と胎児への影響
谷口歩美*,永井良子,渡邊敏明
兵庫県立大・環境人間

P-12
ビオチンの生体内利用率に及ぼす食事中のタンパク質の影響1栄養状態
井 上 裕 子*1),榎 原 周 平1),西 牟 田 守2),福 井 徹3),渡 邊 敏 明1)
1)兵庫県立大・環境人間,
2)(独)国立健康・栄養研究所,
3)病体生理研究所)

P-13
マイクロバイオアッセイによるビオチン定量法の確立とビオチンの体内動態について
小山田絵美*1),曽根英行1),平岡真美2),宮西邦夫1),渡邊敏明3),安田和人2)
1)県立新潟女子短大,
2)女子栄養大,
3)兵庫県立大・環境人間

P-14
ビオチンによるインスリン分泌修飾に関する研究
曽根英行*1),平岡真美2),渡邊敏明3),小山田絵美1),安田和人2),古川勇次4)
1)県立新潟女子短大,
2)女子栄養大,
3)兵庫県立大・環境人間,
4)東北大院・農

P-15
中高年女性の血清葉酸濃度に及ぼす因子の検討
樋口 寿*1),佐々木公子2),小切間美保3),井奥加奈4),鷲尾祐季5),梶原苗美6),岡田真理子7),奥田豊子4)
1)近畿大・農,
2)美作大,
3)同志社女大,
4)大阪教育大,
5)神戸女短大,
6)神戸女大,
7)大手前栄養学院)

P-16
入院中におけるガン化学療法患者の栄養状態についての変化
溝畑秀隆*1,2) ,渡邊敏明2)
1)神戸松蔭女子学院大学(前市立芦屋病院),
2)兵庫県立大学

P-17
レスベラトロールのプロオキシダント作用の発現とアポトーシスの誘導
坪内凉子*1),村上恵子1),羽根田みや子1),細川好孝1),吉野昌孝2)
1)愛知医大・医・生化学,
2)金城学院大・食環境栄養

P-18
かつお節および昆布の抽出液におけるアミノ酸組成の産地による比較検討
前川隆嗣*1),甘庶志帆乃1),石盛嘉浩2),榎原周平2),渡邊敏明2)
1)前川TSH研究所,
2)兵庫県立大学環境人間学部

P-19
高脂肪飼料における肝脂肪毒性と脂質代謝異常
北森一哉*1),小林身哉1),土倉覚2),安井菜穂美3),池田克巳3),家森幸男3),那須民江4)
1)金城学院大学・生環境,
2)SHR等疾患モデル共同研究会,
3)武庫川女子大学・薬,
4)名古屋大学・医)





16:00〜17:00
 口頭発表 座長:榎本秀一(理化学研究所)

16:00〜16:20 O-7
カンボジアにおける日常的な鉄強化魚醤摂取による貧血改善・予防効果summary

中西 由季子*1,2),Philippe Longfils3),Sol Sowath4),Visith Chavasit5),Didier Monchy6),Heike Weinheimer7), Chan Theary3), Klaus Schuemann8) 
1)昭女大・院 機構,
2) ILSI Japan CHP,
3)GTZ,
4)RACHA,
5)Mahidol Univ,
6) Pasteur Inst,
7) SAM,
8) ZIEL)
16:20〜16:40 O-8
食品および飲用水中のバナジウム含量と日本人のバナジウム摂取量
summary

吉田宗弘*,生田 剛
関西大学化学生命工学部食品工学研究室

16:40〜17:00 O-9
マウス大腸前癌病変の発現に及ぼすカキ肉エキス給餌の影響
summary

細見 亮太*1),松田芳和2),石丸綾子1),竹村沙織1),福永健治1),吉田宗弘1)
1)関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科,
2)日本クリニック中央研究所





17:00〜17:40
 口頭発表 座長:吉田宗弘(関西大学)

17:00〜17:20 O-10
亜鉛安定同位体によるヒトの亜鉛代謝解析の検討
summary

横井克彦*
聖徳大学大学院 人間栄養学研究科

17:20〜17:40 O-11
鉄・亜鉛の単独および同時欠乏が生体に及ぼす影響
summary

許斐亜紀*1),横井克彦1,2)
1)聖徳大学大学院 人間栄養学研究科, 
2)聖徳大学人文学部 人間栄養学





17:40〜18:20
 口頭発表 座長:姫野誠一郎(徳島文理大学)

17:40〜18:00 O-12
in vitroにおける有機スズを用いた胸腺リンパ球の細胞死誘導メカニズムの解析summary

山口明子*1),富山健一1),佐山友里江1),牛田素子1),栗山孝雄1),中島晴信2),松田芳和3),荒川泰昭1)
1)静岡県立大学・生体衛生学,
2)大阪府立公衆衛生研究所,
3)日本クリニック(株)中央研究所

18:00〜18:20 O-13
農産物・魚介類中における脳血管性認知症予防物質の探索と単離・構造解析
summary

川原正博*,木葉敬子,永田哲也,定金豊
九州保健福祉大学薬学部分析学講座



18:20〜18:25 閉会の辞 
18:25〜 懇親会 


当シンポジウムに関するお問い合わせは、こちらまで。
FAX:075-882-6750 E-mail:labo@japanclinic.co.jp
©2007 Japan Clinic Co.,Ltd.