top japanese english

第18回微量栄養素研究会シンポジウム 目次一覧
Kyoto,May,16,2001

NO テーマ 発表者 所属
微量化学物質の有用性と安全性-いかに混乱期を脱するか
Trace Nutrients Research 18:1-10(2001)
和田 攻 埼玉医科大学衛生学教室 1-
亜鉛と脳機能
Trace Nutrients Research 18:11-14(2001)
武田 厚司 静岡県立大学薬学部医薬生命化学教室 11-
鉄と脳神経機能
Trace Nutrients Research 18:15-18(2001)
川原 正博 東京都神経科学総合研究所 15-
銅と脳神経機能
Trace Nutrients Research 18:19-24(2001)
小玉浩子、森庸介、志賀勝秋、佐藤恵美、水沼真紀子、雇艶紅 帝京大学医学部小児科 19-
鉄強化剤の吸収における検討
Trace Nutrients Research 18:25-28(2001)
五十嵐香織(1)、佐々木綾子(1)、依田容子(1)、稲毛寛子(1)、中西由季子(1)、蛭沼利江子(2)、榎本修一(2)、木村修一(1) (1)昭和女子大学大学院・生活機構研究科
(2)理化学研究所
25-
Distribution of Accumlated Arsenic in the Seaweed Hijiki,Hizikia fusiforme Okam.(1)
Trace Nutrients Research 18:29-34(2001)
Masayuki Katayama(1),
Chie Sakiyama(2),
Yukihiro Nakano(3)
and Yohko Sugawa-Katayama(2)
(1)Osaka Prefectural University
(2)Department of Human Science,Graduated School of Environment Sciences,Fukuoka Womens's University
(3)Research Reactor Institute,Kyote University
29-
バナジル−ホスホネート関連錯体のin vitroおよびin vivoインスリン様活性
Trace Nutrients Research 18:35-40(2001)
川辺 賢司、桜井 弘 京都薬科大学・代謝分析学教室 35-
バナジウムはラット脂肪細胞からのレプチン分泌を促進する
Trace Nutrients Research 18:41-46(2001)
河内浩行、美馬康史、松井徹、河田照雄、矢野秀雄 京都大学大学院農学研究科 41-
リタイア雌ラットにおける高カルシウム摂取の影響
Trace Nutrients Research 18:47-52(2001)
武田隆司(1,2)、中村孝志(1)、今西雅代(2)、武田厚子(2)、武田隆久(2)、太井秀行(3)、横山嘉人(3)、池上良成(3)、木村美恵子(2) (1)京都大学大学院医学研究科
(2)タケダライフサイエンスリサーチセンター
(3)赤穂化成
47-
10 有機スズ投与による胸腺萎縮とアポトーシス
Trace Nutrients Research 18:53-56(2001)
村山奈穂、鈴木浩史、荒川泰昭 静岡県立大学・食品栄養・公衆衛生 53-
11 ヒ素化合物の暴露によるマクロファージの機能変化
Trace Nutrients Research 18:57-62(2001)
桜井照明、貝瀬利一、藤原祺多夫 東京薬科大学・生命科学部・環境衛生化学研究室 57-
12 牡蠣の酸可溶性画分に含有される亜鉛の栄養有効性
Trace Nutrients Research 18:63-66(2001)
辻貴之(1)、菊地祐子(1)、中塚千晶(1)、木谷祥子(1)、福永健治(2)、西山利正(2)、松田芳和(3)、吉田宗弘(1) (1)関西大学工学部生物工学科食品工学研究室
(2)関西医科大学公衆衛生学教室
(3)日本クリニック中央研究所
63-
13 Zen deficiency and hypertension
Trace Nutrients Research 18:67-72(2001)
Hiroyuki Yanagisawa,
Masamichi Sato
and Osamu Wada
Department of Hygiene and preventive Medicine,Faculty of medicine,Saitama Medical School 67-
14 血糖値降下作用を示すNn型配位様式をもつ亜鉛(U)錯体
Trace Nutrients Research 18:73-76(2001)
近藤真祐子(1)、吉川豊(1)、上西潤一(2)、桜井弘(3)、小嶋良種(1) (1)大阪私立大学大学院理学研究科生物無機化学研究室
(2)京都薬科大学薬化学教室
(3)京都薬科大学代謝分析学教室
73
15 微生物のグアニジノブチラーゼ:結合2価金属による基質特異性の変化
Trace Nutrients Research 18:77-82(2001)
荒川憲昭、及川典夫、左右田健次 関西大学工学部生物工学科 生体分子工学研究室 77-
16 Comparative studies on the cellular response to chemical loading in unicellular eucaryote,Euglena gracilis,strains Z and SMZ
Trace Nutrients Research 18:83-90(2001)
Mari Ohta(1),Shigetoshi Okazaki(2),Mitsuo Hiramatsu(2) and Tetsuya Suzuki(1) (1)Hokkaido University,Graduate School of Fisheries Science,Division of Marine life Science
(2)Hamamatsu Photonics,KK
83-
17 Steptomyces sp.X-119-6由来 L-グルタミン酸オキシターゼのクローニング及び発現
Trace Nutrients Research 18:91-96(2001)
有馬二朗(1)、崎川智代(1)、田村隆(1)、芦内誠(2)、八木年晴(2)、日下部均(3)、田中英彦(1)、稲垣賢二(1) (1)岡山大学農学部
(2)高知大学農学部
(3)ヤマサ醤油株式会社
91-
18 日本産緑茶の無機質含量
Trace Nutrients Research 18:97-100(2001)
大日向由紀(1)、安藤達彦(1)、舘 博(1)、小鹿真理(2)、吉田宗弘(3) (1)東京農業大学短期大学部醸造学科
(2)神奈川歯科大学口腔生化学教室
(3)関西大学工学部生物工学研究室
97-
19 米飯のテクスチャーに及ぼす無機イオンの影響
Trace Nutrients Research 18:101-104(2001)
吉田宗弘、川西樹理、三輪亮太 関西大学工学部生物工学研究室 101-
20 Screening and identification of a protein interacting with IscU
Trace Nutrients Research 18:105-110(2001)
Shin-ichiro Kato,Hisaaki Mihara,Tatsuo Kurihara,Tohru Yoshimura and Nobuyoshi Esaki Institute for Chemical Research,Kyoto University 105
21 血清金属およびメタロチオネインレベルによるヒト肝疾患の新診断法の提案
Trace Nutrients Research 18:111-114(2001)
中山明弘(1)、江原正明(2)、福田浩之(2)、浜崎博(3)、桜井弘(1) (1)京都薬科大学・代謝分析学
(2)千葉大学・医・第1内科
(3)京都薬科大学・健康科学
111-
22 Gallic acid誘導体によるHL60細胞のアポトーシスの誘導
Trace Nutrients Research 18:115-118(2001)
HLA HLA HTAY、坪内良子、羽田みや子、村上恵子、吉野昌孝 愛知医大・医・生化 115-
23 ジピコリン酸による銅イオン依存性酸化障害の防御機構
Trace Nutrients Research 18:119-122(2001)
村上恵子、羽根田みや子、吉野昌孝 愛知医大・医・生化 119-
24 丹波産黒大豆(丹波黒)のスタキオース含有量について
Trace Nutrients Research 18:123-128(2001)
李 温九、南出隆久、大谷貴美子 京都府立大・人間環境 123-
25 大学女子中長距離選手の栄養状態-鉄欠乏症改善のための食事
Trace Nutrients Research 18:129-134(2001)
松本朋子、三村寛一、浅井均、奥田豊子 大阪教育大学 129-
26 α-マンノース結合レクチン・カラムの多糖・糖タンパク研究への利用-醗酵酒類中のマンナンの微量分析-
Trace Nutrients Research 18:135-140(2001)
角田万里子(1)、谷川昌子(1)、三崎旭(2) (1)甲南女子大学
(2)大阪市大
135
27 マンガンによるカドミウムの細胞毒性の軽減効果
Trace Nutrients Research 18:141-144(2001)
柳谷隆弘(1)、井村伸正(2)、榎本秀一(1)、姫野誠一郎(2) (1)理化学研究所
(2)北里大学・薬
141-
28 マルチトレーサー法を用いたセレン過剰ラットにおける各種微量元素の取り込み
Trace Nutrients Research 18:145-148(2001)
蛭沼利江子、榎本秀一 理化学研究所 145-
29 Malecular cloning of thioredoxin reductase isozymes,TrxR1 and TrxR2,from human lung adenocarcinoma cell line,NCI-H441
Trace Nutrients Research 18:149-154(2001)
Takahashi Tamura(1),
Masaya Hasegawa(1),
Manabu Sugimoto(2),
Kenji Inagawa(1)
and Hidehiko Tanaka(1)
(1)Department of Bioresourcs Chemistry, Faculty of Agriculture, Okayama University
(2)Research Institutes of Bioresources,Okayama University
149-
30 ホモシステインスルフィン酸、ホモシステインスルフォン酸、ホモシステインスルフォンアミドの合成とアミノ酸代謝酵素との反応性
Trace Nutrients Research 18:155-160(2001)
数岡孝幸(1)、前田彰久(1)、老川典夫(1)、切畑光統(2)、左右田健次(1) (1)関西大学工学部
(2)大阪府立大学農学部
155-
31 生体試料中のヒ素化合物のHPLC/ICP−MSによるスペシエーション
Trace Nutrients Research 18:161-165(2001)
貝瀬利一(1)、櫻井照明(1)、山田政行(2)、古庄義明(3)、藤原祺多夫(1) (1)東京薬大・生命科学
(2)セイコーインスツルメンツ
(3)ジーエルサイエンス
161-
32 カプセル製剤化したバナジウム錯体の吸収改善
Trace Nutrients Research 18:165-168(2001)
畚野 純、安井裕之、櫻井 弘 京都薬科大学・代謝分析学教室 165-
33 抗糖尿病作用を有する亜鉛(U)−アミド錯体
Trace Nutrients Research 18:169-174(2001)
植田 英里好(1)、吉川 豊(1)、櫻井 弘(2)、小嶋良種(1) (1)大阪市立大学大学院理学研究科
(2)京都薬科大学
169-
34 Effect of hyperbaric oxygen on Zinc deficiency rats
Trace Nutrients Research 18:169-174(2001)
Makato Nodera(1),
Hiroyuki Yanagisawa(1),
Masami Miyazaki(2)
and Osamu Wada(1)
(1)Department of preventive Medicine, Faculty of Medicine, Saitama Medical School
(2)School of Human Sciences, Waseda University
175-

©2003 Japan Clinic Co.,Ltd.