top japanese english

第2回微量栄養素研究会シンポジウム一覧
Tokyo,april,25,1985

NO テーマ 発表者 所属
生体微量元素に関する話題
Trace Nutrients Research 2:1-8(1984)
糸川嘉則 京都大学医学部衛生学教室 1-
セレン栄養と中国のカシンベック氏病、克山病について
Trace Nutrients Research 2:9-19(1985)
李 芳生 中国遼寧省医学科学科学院基礎医学研究所 9-
生物圏における元素分布にみられる自然則について
Trace Nutrients Research 2:21-26(1985)
山本俊夫、岡本健一、大塚由紀子、青山一正 京都教育大学化学教室 21-
ダイズタンパク質に含まれるセレンの化学形態と栄養有効性
Trace Nutrients Research 2:27-33(1985)
安本教傅(1)、鈴木鐵也(1)、吉田宗弘(2) (1)京都大学食糧科学研究所、(2)京都大学農学部、(2)関西医科大学 27-
セレノシステイン代謝の酵素化学
Trace Nutrients Research 2:35-40(1985)
田中英彦、江崎信芳、中村武史、嘉来宣之、左右田健次 京都大学科学研究所微生物科学研究部門 35-
日本人における加齢と血中および尿中セレン濃度ならびに身体状況との関係に関する研究
Trace Nutrients Research 2:41-48(1985)
佐藤郁雄(1)、新嗣朗(1)、細川 優(1)、東條仁美(1)、山口賢次(1)、出口洋二(2)、緒方 昭(2) (1)国立栄養研究所母子栄養部
(2)福井医科大学環境保健学教室
41-
出産時における母体血・胎盤ならびに臍帯血中の主要元素と微量元素の濃度およびその相関性
Trace Nutrients Research 2:49-55(1985)
中野篤浩、太田庸起子、松本 理 国立公害研究所、環境保健部 49-
含硫アミノ酸代謝におよぼす銅欠乏の影響
Trace Nutrients Research 2:57-62(1985)
東條仁美、細川 優、新関嗣朗、佐藤郁雄、山口賢次 国立栄養研究所母子栄養部 57-
めん羊の銅代謝におよぼすモリブデンとイオウの作用におけるテトラチオモリブデン酸塩の役割
Trace Nutrients Research 2:63-71(1985)
石田直彦、川島良治、矢野史子 京都大学農学部 63-
10 乳牛の体内における微量元素含量におよぼす微量元素投与の影響
Trace Nutrients Research 2:73-79(1985)
久米新一 農水省九州農業試験場 73-
11 味覚試験における正常範囲について
Trace Nutrients Research 2:81-88(1985)
白石節子(1)、高宮安代(2)、服部雅康(3)、柴田幸雄(4)、古武彌三(5) (1)藍野学院短期大学
(2)元大阪鉄道病院
(3)近畿大学東洋医学研究所
(4)愛知医科大学
(5)元神戸学院大学
81-
12 カルシウム欠乏により起こる生体内無機質のアンバランスについて―カルシウム欠乏後カルシウム再負荷による影響
Trace Nutrients Research 2:89-98(1985)
木村美恵子、岩淵敦子、関根健二、糸川嘉則 京都大学医学部衛生学教室 89-
13 食物繊維とミネラルの吸収
Trace Nutrients Research 2:99-106(1985)
小石秀夫(1)、奥田豊子(1)、三好弘子(1)、奥田 清(2) (1)大阪市立大学生活科学部食物学科栄養生理学
(2)大阪市立大学医学部臨床検査医学
99-
14 水稲穀実の微量元素組成について
Trace Nutrients Research 2:107-112(1985)
高橋英一、西村和雄 京都大学農学部農芸化学教室 107
15 無機質摂取における間食の意義について―高校生と大学生の場合―
Trace Nutrients Research 2:113-118(1985)
木村美恵子(1)、永井清久(2)、木村一秀(2)、糸川嘉則(1) (1)京都大学医学部衛生学教室
(2)放射線医学教室
113-
16 実験的膀胱発癌に対する5−hydroxyanthranilic acidの抑制作用について
Trace Nutrients Research 2:119-125(1985)
細木 茂(1)、古武敏彦(1)、和田 昭(2)、大塚英嗣(3)、古武弥人(4) (1)大阪府立成人病センター泌尿器科
(2)同病理
(3)愛知医科大学生化学
(4)神戸学院大学栄養学
119-
17 全身オートラジオグラフィーによる「35S」―システインの母体、胎仔および新生仔における体内分布について
Trace Nutrients Research 2:127-131(1985)
島田眞久(1)、尾崎宏基(1)、山口賢次(2)、新関嗣朗(2) (1)香川医科大学解剖学講座
(2)国立栄養研究所母子栄養部
127-
18 脂肪肝とLDLレセプターについて
Trace Nutrients Research 2:133-139(1985)
栗原文男、田宮恵理子 武蔵野女子大学食物研究所 133-
19 アユの体成分、生理状態におよぼすクロレラエキスの投与効果
Trace Nutrients Research 2:141-146(1985)
中川平介、笠原正五郎 広島大学生物生産学部水産増殖学研究室 141-
20 トリプトファン代謝とミネラル(神経精神薬理の立場から)
Trace Nutrients Research 2:147-151(1985)
柴田幸雄(1)、竹内章夫(1)、大塚英嗣(1)、坪内(横峯)涼子(1)、宇賀田みや子(1)、古武彌三(2)、服部雅康(3)、奥村重雄(4)、木村 潔(5) (1)愛知医科大学生化学教室
(2)元神戸学院大学
(3)近畿大学東洋医学研究所
(4)日本クリニック株式会社中央研究所
(5)元和歌山県立医科大学
147
21 破瓜病型分裂病に対するかき肉エキスの臨床効果
(第 一 報)
Trace Nutrients Research 2:153-159(1985)
木村 潔(1)、久村静司(2)、錦織 荘(3) (1)元和歌山医科大学神経科
(2)元和歌山医科大学神経科
(3)東香里病院
153-
22 かき・グリコーゲンの微細構造とコア糖蛋白質の分離
Trace Nutrients Research 2:161-168(1985)
三崎 旭(1)、矢埜みどり(2) (1)大阪市立大学生活科学部
(2)日本クリニック株式会社
161-
23 かき成分の血小板凝集能におよぼす影響
Trace Nutrients Research 2:169-180(1985)
太田隆男(1)、大久保雅啓(1)、奥村重雄(1)、毛利威徳(2)、秋山 弘(3)、服部雅康(4) (1)日本クリニック株式会社中央研究所
(2)東洋食品工業短期大学
(3)四国鉄道病院
(4)近畿大学東洋医学研究所
169-
24 かき肉エキスの血清脂質におよぼす影響
Trace Nutrients Research 2:181-188(1985)
長尾愛彦(1)、有江醇子(2)、澤田芳男(3) (1)熊本大学医学部
(2)日本クリニック株式会社
(3)熊本短期大学
181-

©2006 Japan Clinic Co.,Ltd.